ライカSL用レンズの発売がまちどうしいですなぁ

ライカSL用レンズの発売がまちどうしいですなぁ
デジカメWatchさんを覗いていたら

「ライカSL」の価格改定(値下げ)と、
フォトキナで参考出品された4本のSL用レンズの発売時期アナウンスがでてましたね

ライカSL」の価格改定は10月1日だそうです

現行価格:99万3,600円
改定後価格:86万4,000円
税込だそうです、13%の値下げですね うう〜む 羨ましいぞ
これでもっとユーザーが増えてくれると嬉しいですね。

体的な発売日は未定ですが、ライカSL用の新しいレンズ4本の投入アナウンスがでてます。

f:id:foxwood:20170903054029j:plain 

アポ・ズミクロン SL f2/75mm ASPH.(2017年内発売予定)
アポ・ズミクロン SL f2/90mm ASPH.(2018年春発売予定)
スーパー・バリオ・エルマーSL f3.5-4.5/16-35mm ASPH.(2018年春発売予定)
ズミクロン SL f2/35mm ASPH.(2018年春発売予定)

アポ・ズミクロン SL f2/75mm ASPHとズミクロン SL f2/35mm ASPH.に期待しちゃいますね〜

f:id:foxwood:20170903054057j:plain

ズミルックス-SL 50 f/1.4 ASPHと比較しても随分と小さいです。
フィルター径は画像で読み取るとE67ですから、昔のRシリーズのズミルックスR35mmやR80mmと同じサイズに成ります。大体のレンズの大きさが想像できますね。

小さいのは嬉しいなぁ...画像で見るとコンパクトでこれくらいが、SLにもピッタリかなと思います。
ライカのWebサイトでは発売時期がComing soonとなってるけど、確か以前は夏頃発売予定だったはずです。 遅れてるのかな?
待つ時間が長いとズミルックス-SL 50mmに心が奪われてゆく自分が怖い...(^^;;;

f:id:foxwood:20170903054114j:plain

 

 

Leica R-Adapter-L for Leica SL Rレンズアダプター

今まで Leica SLにLeica M-Adapter TとLeica R-Adapter Mを重ねてRレンズを使っていたのですが、何となく不安定だったのです。 何がと言うと
SL(Type601)の新しいファームウェア(3.0)にバージョンアップしてからレンズプロファイルでRレンズ選択をするときに、稀にRレンズの選択が出来なかったことが有るのです。

最初にこの症状が出たときには「ん…!」戸惑ってマウントを着けなおしたりして正常になったのですが、気持ち悪いので、Leica R-Adapter-Lを入手しました。

ファームウェア(3.0)にバージョンアップしてから、でたらめなf値EXIFデータに乗ることは少なくなったのですが、
このLeica R-Adapter-Lを導入してから特にレンズの開放値が正確に出るように成ったような気がします。
気がします…と言うのは最近そんなに写真を撮っていないからです…(スミマセン)情けない。

もちろん 不安定な動作も全くありません…当たり前か…笑

Leica R-Adapter-Lには物凄くゴッツイ足(三脚座)が着いてきます。
(スクリューで簡単に脱着できるようになっていますので)Leica R-Adapter Mの足のようにネジ穴をカバーしている硬質ゴムののパッキンを取り外して着脱する必要がありません。ライカも少しづつ進化してるのね...

実はこの足を着けていると、SLにマルチファンクション ハンドグリップ HG-SCL4を着けて、Rレンズを使う時にとても良い按配なの。
掌でフォールディングができてフォーカシングリングの操作ができるんですよ

f:id:foxwood:20170826073018j:plainそれと先の重いレンズを着けて机の上などに置く時もこの足が先にテーブルに当たるので、安心です。
まあ重量級のレンズを使う時は、この足を使って三脚座に取り付けてね〜
という事なんでしょう

f:id:foxwood:20170826073114j:plain

アタリマエのことなんですけれど、レンズプロファイルで45-90f/2.8 R 11930を選択したら Angenieux-Zoom 1:2.8/45-90mmの表示が出てきた時は嬉しかったなぁ (^^/
アンジェニューズーム /45-90mm /f2.8ですが、「P.ANGENIEX PARIS」と銅鏡に刻印されています。
このレンズはライカフレックス用に最初に登場したズームレンズなんですね。
このレンズが発売されたのが1969年ですから今から47年前はライカでは満足の行く光学性能を持ったズームレンズが作れなかったのでしょうね。
フランスとドイツは今でも余り仲の良くない国民性を引きずっていますが、よくまあライカが頭を下げてアンジェニューに生産を委託したものだと...そんな事を想像したりすると楽しいですね。

ライカSLに着けて撮ってみましたが、非常にシャープな写りで、シネマレンズの様な独特の立体感があります。
独特の立体感はこのレンズに特有の2線ボケによる所が大きいのではないかと思います。
やはり年代物のレンズなので、屋外での強い光では厳しい条件に成るかと思いますが、室内での撮影ではニュートラルな発色をしてくれます。 ちょっと驚いています。 使えますねこのレンズ。

f:id:foxwood:20170826073155j:plain

シネレンズと言えば
Apochromat KINOPTIK 75mm f2.0 R-Mount
KINOPTIK社もフランスのレンズメーカーで このレンズは、16mmシネカメラ・ アリフレックス用のレンズを取り外し、香港のショップで無理矢理ライカR用にマウント改造してもらったレンズです。

f:id:foxwood:20170826073235j:plain

一時どうしても譲って欲しいと言う方がいて、手放しそうに成ったのですが、価格で折り合いが着かなかったために
今でも手元にあるレンズです。
また使ってみようかな

 

 

GITZO (ジッツオ) カーボン一脚2型6段トラベラー GM2562T

GITZO (ジッツオ) カーボン一脚2型6段トラベラー GM2562T

一脚の使い勝手って何だろう?と反芻してみると、「ああぁ あの時これが有れば!」と思い浮かぶのは長鏡を使って秋薔薇を撮影しに行った時だ。
還暦を過ぎたという年齢的な事もあって、人間三脚と言われた私も最近は筋力の衰えを感じることが多くなった。(笑)
Apo-Vario-Elmarit-SL 90-280mm f2.8-4.0をLeica SLに着けると優に2kg超えの重量だ。
長時間構えていると、上腕筋がプルプルしてくるのが解る…(^^;;;
そんな時にGITZOモノポッド GM2562Tが有れば、どれだけ楽に撮影に専念出来たのだろうか…

f:id:foxwood:20170218182852j:plain

 

この一脚の最大の特徴は軽いのに、とんでもない剛性があると言うことでしょう(自重は僅か0.41kgです。)素材はCarbon eXactチューブと言うらしいのですが、高弾性の高いHM(ハイモジュラス)カーボンを含んでいてチューブ径も大きいので、軽量なのに華奢な感じがしません。
伸縮の為のロック機構は''トラベラーGロック''と言うらしいですが、リングも大きくて操作しやすい。
ロック機構内へのゴミや埃の侵入を防ぐために、内部にOリングが配置されていると言う事で、ロックを緩めても「すぅぅ〜〜」と言う感じで空気抵抗を伴って伸縮します。
伸ばす時にストンと出て来ないので中々高級感が有って良い感じです。

f:id:foxwood:20170218182927j:plain

モノポッドのフィールドでの使い勝手を考えると、ボールヘッドの自由雲台は必須でしょう。
僕はReally Right Stuff社のBH-25 Ballhead Pro(185g)が余っていたので組み合わせてみました。
大きさからもベストマッチでした。画像を参考にされて下さい。
Really Right Stuff社は自社販売しかしていないので、輸入するしか方法がありませんが...
自由雲台があると角度の付いた撮影に威力を発揮します。特にマクロレンズで花を撮ったり、物撮り等をする時には三脚より便利に使えます。

ライカMタイプで望遠系のレンズを使う場合においても、レンジファインダーで撮影する時は、ピントを合わせてから、スポット測光で最適露出を探る一連の動作の中で、コサイン誤差を最小限に抑えることが出来るでしょう。

最近のAFレンズは手ブレ防止機能を内蔵したり、カメラ側のオートISO機能も含めて低照度、高感度で撮れる範囲も広がっているが、ここ一番!と言う時にはカメラ側のオートISOは外して高画質ISO固定で撮りたいものです。そんな時に歩留まりも含めてこのGITZOモノポッド GM2562Tが有れば、心強いことこの上ないでしょう。

撮影の為に日頃からストレッチとパワトレに励んでいる人には無用かもしれませんが….
撮影翌日の筋肉痛が無くなることを祈ってカメラバッグの中にそっと潜ませておいても、
(格納高 :36cmそして自重 :0.41kg)のサイズは苦にならない優れものです。!

f:id:foxwood:20170218182956j:plain

Leica SL Rock n Roll strapその参

Leica SL Rock n Roll strapその参

APO-VARIO-ELMARIT-SL 90–280 mm f/2.8を取り着けて、持ち運べるカメラバッグ

は何が好いか悩んでいたが...

f:id:foxwood:20170112164721j:plain

ビリンガム カメラバッグ 335を工夫してみたら、案外スルリと収納できてしまった。

もちろんレンズフードは外しておく必要があるが

 

暫くはこのスタイルで行くことにしようと思う。

もちろんストラップはRock n Roll strap!

Leica SL Rock n Roll strapその弐

Leica SLに着けていた

SOMES SADDLE
Bridle Leather Shoulder Strapを取り外したので、今度はLeica M Typ 240に取り着けてみた。

f:id:foxwood:20170108021634j:plain

こちらの方がスッキリしている感じです。

止め金具(リング)には純正のプラスチックカバーがそのまま使えた。

f:id:foxwood:20170108022022j:plain

SLにLeica SL Multifunctional Handgrip HG-SCL4を取り着けた画像も一枚上げておこう

まぁ 大人のヲヤジの着せ替え遊びだね...これは

 

 

Leica SL Rock n Roll strap

ストラップへのコダワリは何時からだろう

カメラを買うと必ず付いてくるのだが、純正品には飽き足らなくて

何時も幾つか買って、取っ替え引っ替え試している。

これは病気なんだろうか?

f:id:foxwood:20170104205914j:plain

f:id:foxwood:20170104205932j:plain

f:id:foxwood:20170104210124j:plain

でもね

必ず体に触るものだから、いちばん大切だと思うんだよね

そして長く使う物だから

 

熱川温泉 奈良偲の里 玉翠

先週 熱川温泉 奈良偲の里 玉翠に出かけてきた。
例によって、小田原からターンパイクを利用して、足柄元箱根の成川美術館で軽い昼食を取り
のんびりと伊豆スカイラインを走って亀石峠を抜けて奥熱川のルート
伊豆スカイラインは霧が出ていて、全く景色が見えず安全運転に徹しました(笑)

f:id:foxwood:20161016094350j:plain

 

当日はちょっとお天気が悪くて成川美術館の展望室から見る景色は少し湿った感じだったが、初秋を感じさせる按配があり、それはそれで良かった。
成川美術館は堀文子の作品が常設なのですが、「山本丘人と堀文子 革新と信念」と言うの企画展が催されていて見ごたえがありました。

奈良偲の里 玉翠は初めて泊まる温泉宿でしたが、内風呂が温泉掛け流しでとても良かった。
これだったら、大浴場に入ることもないなぁ...と
露天風呂も試してみたが、脱衣所が掘っ立て小屋みたいでちょっと興冷めだった。

f:id:foxwood:20161016094436j:plain

食事は部屋でなくて、掘りごたつ式の、個室風 食事処で食べるシステムに成っている。
沢山の料理が出てきたが、美味しかった献立を写真に撮ったので上げておこう。
全体的に量が多めで、美味しい物をほんの少しだけという訳にはいかないようだ。

食前酒
梅酒ソーダ
先 附
嶺岡豆富 クコの実  
銀杏丸十  美味汁
前 菜
汲み上げ湯葉 鮎の塩焼き 
合鴨ロース 烏賊黄身焼き          
もろこし真丈 朝顔

f:id:foxwood:20161016094503j:plain

御造里
伊勢海老 鮑 鮪 
地魚 伊豆本山葵  妻色々

f:id:foxwood:20161016094617j:plain

火 物
静岡彩美牛サーロイン ペコロス
サンチュー 人参 椎茸

f:id:foxwood:20161016094636j:plain

盛り付けが豪華で、人数分がまとめて一遍に出て来る、取り分けは自分でやって下さいと言う様になっている。
配膳の人手を省いているのだが、物はやりようで
まぁ それなりに趣向が凝らされていて、見た目が綺麗だ。女子供には評判が良いだろうと思った。
昔風の仲居さんの教育が難しいのと人手不足と人件費の高騰を考えればこういう風に工夫をしてゆかないと、温泉旅館も成り行かないのだろう。
食事はそれなりに美味しかったが、とびっきりと言う程ではなかった。 

母の足の具合が悪いので、駐車場から玄関まで遠いのは無理と申し上げたら、勝手口から入れさせて頂いた。
初めから終わりまで、御用聞きの様に勝手口を通って帰ってまいりました。これからの日本は益々高齢化して行くので、バリアフリーに成っていないと駄目かもね。

f:id:foxwood:20161016094659j:plain

今回食事の撮影は全て35mm~24mmの最短距離で撮った。もちろんRAWで撮影して現像しているわけだが、現像していて驚いたのは、食事のテーブルの上は照明が当たっている部分と、影になる部分が有って、難しい条件だったが、ベタッと成りがちな暗部も潰れること無く、階調が出ているし、光が当たった皿の白等もハイライトが飛ばずにしっかりと残っている。所謂 深みのある絵が撮れた。新しいVario-Elmarit-SL f/2.8–4 Asphの成せる技なのかそれともライカSLの画作りなのか分かりませんが、カメラ任せでこれだけの絵が撮れれば言う事無しです。