読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GITZO (ジッツオ) カーボン一脚2型6段トラベラー GM2562T

GITZO (ジッツオ) カーボン一脚2型6段トラベラー GM2562T

一脚の使い勝手って何だろう?と反芻してみると、「ああぁ あの時これが有れば!」と思い浮かぶのは長鏡を使って秋薔薇を撮影しに行った時だ。
還暦を過ぎたという年齢的な事もあって、人間三脚と言われた私も最近は筋力の衰えを感じることが多くなった。(笑)
Apo-Vario-Elmarit-SL 90-280mm f2.8-4.0をLeica SLに着けると優に2kg超えの重量だ。
長時間構えていると、上腕筋がプルプルしてくるのが解る…(^^;;;
そんな時にGITZOモノポッド GM2562Tが有れば、どれだけ楽に撮影に専念出来たのだろうか…

f:id:foxwood:20170218182852j:plain

 

この一脚の最大の特徴は軽いのに、とんでもない剛性があると言うことでしょう(自重は僅か0.41kgです。)素材はCarbon eXactチューブと言うらしいのですが、高弾性の高いHM(ハイモジュラス)カーボンを含んでいてチューブ径も大きいので、軽量なのに華奢な感じがしません。
伸縮の為のロック機構は''トラベラーGロック''と言うらしいですが、リングも大きくて操作しやすい。
ロック機構内へのゴミや埃の侵入を防ぐために、内部にOリングが配置されていると言う事で、ロックを緩めても「すぅぅ〜〜」と言う感じで空気抵抗を伴って伸縮します。
伸ばす時にストンと出て来ないので中々高級感が有って良い感じです。

f:id:foxwood:20170218182927j:plain

モノポッドのフィールドでの使い勝手を考えると、ボールヘッドの自由雲台は必須でしょう。
僕はReally Right Stuff社のBH-25 Ballhead Pro(185g)が余っていたので組み合わせてみました。
大きさからもベストマッチでした。画像を参考にされて下さい。
Really Right Stuff社は自社販売しかしていないので、輸入するしか方法がありませんが...
自由雲台があると角度の付いた撮影に威力を発揮します。特にマクロレンズで花を撮ったり、物撮り等をする時には三脚より便利に使えます。

ライカMタイプで望遠系のレンズを使う場合においても、レンジファインダーで撮影する時は、ピントを合わせてから、スポット測光で最適露出を探る一連の動作の中で、コサイン誤差を最小限に抑えることが出来るでしょう。

最近のAFレンズは手ブレ防止機能を内蔵したり、カメラ側のオートISO機能も含めて低照度、高感度で撮れる範囲も広がっているが、ここ一番!と言う時にはカメラ側のオートISOは外して高画質ISO固定で撮りたいものです。そんな時に歩留まりも含めてこのGITZOモノポッド GM2562Tが有れば、心強いことこの上ないでしょう。

撮影の為に日頃からストレッチとパワトレに励んでいる人には無用かもしれませんが….
撮影翌日の筋肉痛が無くなることを祈ってカメラバッグの中にそっと潜ませておいても、
(格納高 :36cmそして自重 :0.41kg)のサイズは苦にならない優れものです。!

f:id:foxwood:20170218182956j:plain

Leica SL Rock n Roll strapその参

Leica SL Rock n Roll strapその参

APO-VARIO-ELMARIT-SL 90–280 mm f/2.8を取り着けて、持ち運べるカメラバッグ

は何が好いか悩んでいたが...

f:id:foxwood:20170112164721j:plain

ビリンガム カメラバッグ 335を工夫してみたら、案外スルリと収納できてしまった。

もちろんレンズフードは外しておく必要があるが

 

暫くはこのスタイルで行くことにしようと思う。

もちろんストラップはRock n Roll strap!

Leica SL Rock n Roll strapその弐

Leica SLに着けていた

SOMES SADDLE
Bridle Leather Shoulder Strapを取り外したので、今度はLeica M Typ 240に取り着けてみた。

f:id:foxwood:20170108021634j:plain

こちらの方がスッキリしている感じです。

止め金具(リング)には純正のプラスチックカバーがそのまま使えた。

f:id:foxwood:20170108022022j:plain

SLにLeica SL Multifunctional Handgrip HG-SCL4を取り着けた画像も一枚上げておこう

まぁ 大人のヲヤジの着せ替え遊びだね...これは

 

 

Leica SL Rock n Roll strap

ストラップへのコダワリは何時からだろう

カメラを買うと必ず付いてくるのだが、純正品には飽き足らなくて

何時も幾つか買って、取っ替え引っ替え試している。

これは病気なんだろうか?

f:id:foxwood:20170104205914j:plain

f:id:foxwood:20170104205932j:plain

f:id:foxwood:20170104210124j:plain

でもね

必ず体に触るものだから、いちばん大切だと思うんだよね

そして長く使う物だから

 

熱川温泉 奈良偲の里 玉翠

先週 熱川温泉 奈良偲の里 玉翠に出かけてきた。
例によって、小田原からターンパイクを利用して、足柄元箱根の成川美術館で軽い昼食を取り
のんびりと伊豆スカイラインを走って亀石峠を抜けて奥熱川のルート
伊豆スカイラインは霧が出ていて、全く景色が見えず安全運転に徹しました(笑)

f:id:foxwood:20161016094350j:plain

 

当日はちょっとお天気が悪くて成川美術館の展望室から見る景色は少し湿った感じだったが、初秋を感じさせる按配があり、それはそれで良かった。
成川美術館は堀文子の作品が常設なのですが、「山本丘人と堀文子 革新と信念」と言うの企画展が催されていて見ごたえがありました。

奈良偲の里 玉翠は初めて泊まる温泉宿でしたが、内風呂が温泉掛け流しでとても良かった。
これだったら、大浴場に入ることもないなぁ...と
露天風呂も試してみたが、脱衣所が掘っ立て小屋みたいでちょっと興冷めだった。

f:id:foxwood:20161016094436j:plain

食事は部屋でなくて、掘りごたつ式の、個室風 食事処で食べるシステムに成っている。
沢山の料理が出てきたが、美味しかった献立を写真に撮ったので上げておこう。
全体的に量が多めで、美味しい物をほんの少しだけという訳にはいかないようだ。

食前酒
梅酒ソーダ
先 附
嶺岡豆富 クコの実  
銀杏丸十  美味汁
前 菜
汲み上げ湯葉 鮎の塩焼き 
合鴨ロース 烏賊黄身焼き          
もろこし真丈 朝顔

f:id:foxwood:20161016094503j:plain

御造里
伊勢海老 鮑 鮪 
地魚 伊豆本山葵  妻色々

f:id:foxwood:20161016094617j:plain

火 物
静岡彩美牛サーロイン ペコロス
サンチュー 人参 椎茸

f:id:foxwood:20161016094636j:plain

盛り付けが豪華で、人数分がまとめて一遍に出て来る、取り分けは自分でやって下さいと言う様になっている。
配膳の人手を省いているのだが、物はやりようで
まぁ それなりに趣向が凝らされていて、見た目が綺麗だ。女子供には評判が良いだろうと思った。
昔風の仲居さんの教育が難しいのと人手不足と人件費の高騰を考えればこういう風に工夫をしてゆかないと、温泉旅館も成り行かないのだろう。
食事はそれなりに美味しかったが、とびっきりと言う程ではなかった。 

母の足の具合が悪いので、駐車場から玄関まで遠いのは無理と申し上げたら、勝手口から入れさせて頂いた。
初めから終わりまで、御用聞きの様に勝手口を通って帰ってまいりました。これからの日本は益々高齢化して行くので、バリアフリーに成っていないと駄目かもね。

f:id:foxwood:20161016094659j:plain

今回食事の撮影は全て35mm~24mmの最短距離で撮った。もちろんRAWで撮影して現像しているわけだが、現像していて驚いたのは、食事のテーブルの上は照明が当たっている部分と、影になる部分が有って、難しい条件だったが、ベタッと成りがちな暗部も潰れること無く、階調が出ているし、光が当たった皿の白等もハイライトが飛ばずにしっかりと残っている。所謂 深みのある絵が撮れた。新しいVario-Elmarit-SL f/2.8–4 Asphの成せる技なのかそれともライカSLの画作りなのか分かりませんが、カメラ任せでこれだけの絵が撮れれば言う事無しです。

 

Malayshia Penang Island

マレーシアのペナン島に出掛けてきた。

日本からは直行便がないので、香港もしくは、クアラルンプールとかシンガポールでトランジットが便利だ。

香港経由の場合はキャセイパシフィックとドラゴンエアーの乗り継ぎ

シンガポール経由の時はシンガポールエアとシルク・エアの乗り継ぎに成るようだ、今回は香港経由にしてみた。理由はトランジットの時間が短いのと、勝手知ったる空港だし比較的小さいので、歩く距離が短いからねぇ。

f:id:foxwood:20160911040236j:plain

シンガポール・チャンギ国際空港で端から端まで歩いたら死にそうに成る事必死だ!
クアラルンプール経由は、マレーシアエアの可能性が高いので即却下!
今でもチェックインカウンターはガラ空きなので、大丈夫なのかしら あの航空会社
他にも広州経由の南方航空とか有るみたいだが、ちょっと..広州経由選択はありえません。あはは

f:id:foxwood:20160911040818j:plain

ペナンでは仕事の合間にちょっと写真を撮らせてもらった。実はライカSLも買ってから随分と経つのに、今回が海外同伴初デビュウです。やっぱり重いのと、結構な大きさなので、持って歩くのには勇気がいるんだな...これが

George Townの壁画アートが有名だそうだ。

f:id:foxwood:20160911041310j:plain

チャイナタウンのいたるところに壁画アートが描いてあって、散策しながら見つけるのも面白いかもしれない。今度は仕事ではなくて是非プライベートで来てみたいと思う街の一つです。
古き好きチャイナがこには有るんだよねぇ...台湾高雄に住んでいた頃を思い出して懐かしくなる。

f:id:foxwood:20160911041615j:plain

ホテルは1885年創業のEastern & Oriental Hotelと言うのがあって、ペナンに泊まるなら是非ここがお勧めだ。何処を撮っても絵になるので、楽しみが増えるのよね。

食事も美味しい。エクゼクティブフロアの朝食より1Fのビュッフェが種類も豊富でお勧めだ。ビュッフェでは朝からカレーってのもなんだかなぁと思いつつも、ついついマレーフィッシュヘッドカレー等を食してしまう。
朝6:30からオープンしているので、ライカ片手にぶらぶら撮り歩いて、食事してコーヒー呑んで、ちょっと優雅な時間を楽しめる。

f:id:foxwood:20160911042301j:plain

Leica SL Type601 / Leica Vario-Elmarit-SL 24-90mmASPH

 

 

 

 

 

ポーラ美術館から「湯河原ふきや」へ のんびりと

箱根は「湯河原ふきや」に出かけてきた。いつもの様に日頃御座なりに成っている家人へのサービス。
子供達は仕事が忙しくて、合流できず、残念! 

まぁ 商売繁盛なのは好いことです。

何時もはターンパイクを抜けて箱根の成川美術館で、芦ノ湖を眺めながら遅いお昼とお茶をするのですが、今回は足を伸ばして東名御殿場から、仙石原のポーラ美術館でお昼を頂きました。

f:id:foxwood:20160903165910j:plain

ポーラ美術館を選択した理由は、お昼ごはんがおいしく食べられそうだったと言う事なのですが、実際には食事はそれほどでもなかったのですが...いやぁ!好かったです。 

開催されている「Modern Beauty -フランスの絵画と化粧道具、ファッションにみる美の近代」と言う長ったらしいタイトルの企画なのですが、絵画のコレクションが素晴らしかった。

クロード・モネ
ピエール・オーギュスト・ルノワール
パブロ・ピカソ
レオナール・フジタ(藤田嗣治)
杉山寧

有るわ有るわ...(^^;;;
また行きたい

....で湯河原の「ふきや」は老舗の様ですが、今回初めてお泊りしました。家族的な老舗旅館で、皆さんとても頑張っていらっしゃいます。
特に仲居さんの対応が素晴らしい。非の打ち所が有りません。

f:id:foxwood:20160903165953j:plain

お料理は、余り見栄えがしないので、残念 美味しいのですけれど....
今回初めて、太刀魚の握りを食しました。

f:id:foxwood:20160903170028j:plain

まぁ アブラも乗っていて美味しいのですけれど、太刀魚は鱗粉が剥げやすいから、写真を撮っても絵にならないのよね〜
ココらへんは板長さんのセンスなのかなぁ
何時も恒例の食い物写真も、余り撮らなかった次第です。

御殿場から仙石ヶ原をぬけて芦ノ湖スカイラインを廻り湯河原パークウェイ、帰りは真鶴道路を使い小田原から小田原厚木道路を使って帰ってきましたが、 BMW320dの燃費は14.29km/Lでした。芦ノ湖スカイライン等ではエコ運転とは縁遠い走りでしたが、まあまあの燃費なのではないでしょうか?


今回はACC/アクティブ・クルーズ・コントロールを多用しました。とっても便利ですがAAC ONの状態で高速道路で車間を取っている時に、突然車の前にバイクが割り込んで、すり抜けていったりすると、バイクを認識して、加速するのでちょっと要注意ですね。

Vario-Elmarit-SL 24-90mmASPH f2.8-4.0
Leica SL Typ601
Adobe Lightroom 6.4/ Photoshop CS6