久しぶりのフレンチ

久しぶりにビストロ ラ・ターシュ・ド・ルージュ (Lâ Tache de Rouge)さんにお邪魔して、晩御飯を食べた。
前回はお昼に貸し切りで、堪能させていただいたのだが早いもので
かれこれ半年ぶりの訪問でした。
ラ・ターシュ・ド・ルージュさんは気軽に入れる家庭的なフレンチのお店
実はシェフの堀江さんとの出会いは川崎北部市場に買い物に行った時に仲卸の人に「美味しいフレンチのお店やってらっしゃいますよ」と紹介されてから、家族で出かけるようになりました。

堀江シェフの食材・素材に対しての拘りは調理の仕方にとても良く出ていて、旬の食材をその季節で楽しめます。


今回頂いたのは

ニース風サラダ

f:id:foxwood:20180805171323j:plain

豊後水道シマアジのマリネ レモンとバジルと大葉のソース
関サバ・関アジが有名なように豊後水道の天然シマアジが美味しくない訳が無い。脂の乗りといい、甘みもあって食感はコリッとしています。
魚好きにはたまりません。

f:id:foxwood:20180805171343j:plain

新潟県産 天然岩牡蠣 これが絶品でした。
岩牡蠣は夏が旬です。6月から9月までの三ヶ月間が水揚げの期間で時間をかけて成長するために殻と身が非常に大きく育ちます。
岩牡蠣は水揚げしても一週間くらいは活きているので、僕の子供の頃は魚屋の店先に山の様に積んで売っていたのが記憶に残っています。
あまり大きいものはちょっとグロテスクになりますが、今回頂いた少々小粒(と言っても真牡蠣より二回りくらいボリュームがあります。)なものは、プリッとした食感とクリーミーかつジューシーでした。僕がいままで、食べた岩牡蠣の中で最高かもしれない。

f:id:foxwood:20180805171403j:plain

ムール貝の白ワイン蒸し...食べるのに忙しくて、写真撮るの忘れました...(^^;;;
フランスパンをスープに浸して堪能しました。

オーストラリア産 骨付き子羊香草パン粉焼き
いつもお願いする主菜のお料理です。 僕も嫁も羊好きなんですよ(笑)
限りなくミディアム・レアな焼き加減で、ソースは甘くないタイプ 美味しかったです。

f:id:foxwood:20180805171425j:plain

あと
デザートを少々

もうしつこいねって言うくらいTL2ネタなんですけれど….

もうしつこいねって言うくらいTL2ネタなんですけれど….
スミマセン 嵌ってます。
ひょっとするとライカM(Typ240)より良いかもしれないなんて思ったりして

いや 
最近はMもあまり使っていないから、記憶が薄くなってるのかもしれませんが、本当にTL2にヤラれちゃってるんんですよね。 
Mは物テキに愛でる楽しみがあって、首から下げてるだけで満足していたりするんですけれど、TL2の物的な塊感も負けず劣らずです。

f:id:foxwood:20180722051413j:plain

このTL2は良いですわ 愛でることもできるし 何より AFだし レンズ交換だし 
「使えるカメラなんですよ」って事を実感しました。 
現行カメラなんだからあたりまえだろって言われそうな..アホなこと書いてますけれど

それに気付いたのは、今までの自分なりに構築してきたデジタルカメラとのお付き合い方法と言うか、お作法を捨てた時にわかりました。

オートISOの設定 : 低感度設定にこだわるのを止める→ノイズ耐性が高いから、思いっきり高感度ISO25000まで使う。
露出 測光 : Spotに拘らない→Multi-fieldをメインに使う。

オートISOの設定とSpot測光 

この2点に拘らなく成ってたときから、僕にとってTL2は快適なライカに生まれ変わりました。
今までこのBlogにウダウダと書いてきたことを「ぜぇ〜んぶ」捨て去りたい。
ああぁ 恥ずかしい。

イカT(Typ701)は2014年に発売され、ライカTを店頭で触った時に、 あ〜このモデルは短命で終わるなと思った。
しかし Leica Camera AGは諦めていなかったようで、その後2016年にライカTLとしてバージョンUP 
そして2017年6月にTL2 が発売に成った。同年12月にファンダーを搭載したLeica CL発売

レンズラインナップはズームレンズが35mm判換算で約17mm~200mmまでカバーする3本 単焦点は18mm :23mm : 35mm : 60mmの4本

今回使い始めて、ライカAPSC TLマウントのレンズはとても優秀なことがわかった。

イカはTLレンズで初めてAPS-Cフォーマット用レンズを作りましたが、その時にPeter Karbeと光学設計者チームは解像性能の基準について研究しました。当時はそのカメラのカテゴリー(システムカメラか、コンパクトカメラか)によって撮影画像の拡大率を想定しながら性能検討していましたが、同じシステムカメラでも35mmフルサイズとAPS-Cでは拡大率が違ってくるので、35mmフルサイズの40本ペア(1インチあたり1,000ライン)より厳しい60ライン/(1,500ライン/インチ)を基準にしたとアナウンスされています。

この高解像度TLレンズのおかげでTL2で撮った画像は時折中判カメラの様な解像度を魅せます。
これは本当に興味深い事です。

イカTL2は今までの写真を撮るための、様々な知識が無くても簡単に撮れます。多分iPhoneで撮るのと同じ様に

f:id:foxwood:20180722051448j:plain

Leica Elmarit-TL 18 f/2.8 ASPH
Leica Apo-Macro-Elmarit-TL 60 mm f/2.8 ASPH 作例で撮った作例
Union Oyster House, Boston, MA, 2018 をWebにアップしましたので御覧ください。

こちらから入れます。
HTMLとFLASHバージョンの二種類UPしてますが、HTMLバージョンは撮影データを見ることが出来ます。

鮨について、

江戸前の鮨って何?

f:id:foxwood:20180709111345j:plain

握りずしは江戸時代後期の文化・文政年間(1804~1829年)に出現したと言われております。
僕の理解では、江戸前ずし 東京鮨 いわゆる握り寿司の事
江戸前鮨は煮蛤、こはだ、煮穴子、まぐろのづけ 玉子焼きとネタに「仕事」がしてあり、特にマグロにこだわりがある。

江戸前」という言葉にはふたつの意味があります。ひとつは江戸の前、つまり現在の東京湾の魚介類を使う。
車海老、穴子、蝦蛄(しゃこ)、蛸(たこ)、蛤(はまぐり)、赤貝…

もうひとつは、「江戸前」の「仕事」という意味です。江戸時代に鮨は始まったようですが、昔と言っても昭和初期の頃まで近代的な保冷設備と保冷輸送手段が確立していませんでした。新鮮な魚介類も、時間の経過とともに鮮度が落ちて、品質が悪くなってしまいました。そこで、魚介類が新鮮なうちに「仕事」を施し、生よりも旨味を凝縮させ、保存に適した状態に仕上げる工夫が開発されました。江戸前鮨の「仕事」で代表的なのが「塩や酢で締める」「蒸す・煮る」「タレに漬け込む」といった技法です。

f:id:foxwood:20180709111405j:plain

江戸前の鮨で有名な握りの一つ煮蛤があります。蛤の美味しい季節は採れる地域で異なるが、産卵前の身が肥えた頃が一番で、中には卵を抱えたのも有るので、そうなると最高に楽しめる。昔から桑名の「焼き蛤」で有名な桑名 伊勢志摩の物は5月頃が良いようだ。
東京近郊の市場に出かけてみると、蛤は年中出ているが、茨木や千葉県産のものが多いようだ。千葉の蛤の旬は6〜7月頃らしい。蛤は大きいものは焼き蛤が良いのだろうが、柔らかくふっくりとした食感と、旨味のある出汁が味わえるので、僕はお椀に丁度二個入るくらいのサイズを求めてお吸い物に仕立てるのが好きだ。

f:id:foxwood:20180709111419j:plain

江戸前鮨は江戸っ子の気質である“初物好き”にも関係がある。食べ物は四里四方の旬のものを食べる。
特に“初物を食うと七十五日長生きする”といい、初鰹、なすび、白魚などの走り物が熱狂的に好まれた。
江戸前寿司を代表するネタのひとつであるコハダですが、出世魚としてシンコ・コハダ・ナカズミ・コノシロと名前を変えて成長していきます。
シンコは6月頃から出始めますが、すぐに大きく成長してしまうので、気をつけていないと食べそこねてしまう。指の先ほどの大きさのシンコを握り一貫に2~3枚つけるのが一般的だ。走りのシンコは値段も張るし、何よりも仕込みに手間がかかる訳だが、皮目も柔らかくふっくらとして旨味もある。何より鮨の姿が綺麗だ。
シンコに目のない僕はこの頃はカウンターに座るといの一番にシンコが在るかと尋ねる。あれば二貫握ってもらって、美味しければ後でまた追加する。

f:id:foxwood:20180709111436j:plain

僕は金沢の生まれだけれど、子供の頃の鮨の記憶は、お正月とか、祝いの席での押し寿司が記憶に残っていて、握り鮨の記憶はあまり無い。当時(昭和30年代)は魚屋がリヤカーを引きながら「魚いらんかいえ〜」と言いながら売りに来るのですが、今では有名な甘エビでさえ、生で食べることはなくて、甘じょっぱく煮付けにしていました。子供でしたから甘いのが好きだったんでしょうね。電気冷蔵庫は丁度昭和30年代を境に普及しましたけど、当時我が家には電気冷蔵庫は無かったな。夏場は氷屋が運んできた氷を入れる冷蔵箱を使っていたような気がする。
最近は北陸の地魚を握った鮨屋が繁盛しているようですが、たぶん金沢は鮨の食文化で言えば関西の鮨に成るのではないでしょうか? 

関西の鮨屋は大阪の北新地で、飲んだ後によく行った 庶民的な「すし処おとわ」と ちょっと割烹料理系の「鮨なか川」がある。関西の鮨は新鮮な素材に対してのこだわりが強いのと、近場に瀬戸内の漁場が有るので、美味しい白身魚が多い。必然的に鮨ネタも白身魚系が多い。例えば高知で「のれそれ」、大阪など関西で「べらた」と呼ばれている透き通ってベラベラしたマアナゴの稚魚これが鮮度が命でとても美味しいが一日経つと全く美味しくない。富山のシロエビと同じですね。

f:id:foxwood:20180709111523j:plain

で、本当の江戸前の鮨って一体どうなんだろう?と興味が湧くわけでございまして、
東京には有名な「すきやばし 次郎」とか「鮨 かねさか」なんてのが在るわけですが、とても恐ろしくておいそれと出かけるわけにはゆきません。
でもね とうとう見つけました
あの池波正太郎が通った新富鮨総本店親方の最後の継承者がやられているお店、一旦握るのを止められたのですが、娘さんが始めたアイスクリーム屋さんを改装して
小さなお鮨屋さんを始められていました。お邪魔して、おまかせで握って頂いて、軽くビールも頂いて堪能させていただきました。
凄かった!何が凄いのって、握り方が凄い。 
米粒が口の中でハラリと解けてゆく。食べるのが惜しいくらいにきれいに握られた鮨
カステラのようにフンワリとした江戸前の玉子焼。
丁度カウンターの横に座らせていただいたので、仕事をしている手元を見ながら、楽しんで食べさせていただいたのですが、本当に軽やかな手さばきで感心しました。
贅沢なひと時でした。
気がついたのですが、客筋がとても良いお店でした。 ….でしたと過去形で書いたのは
残念ながら、最近は体を壊されたそうで、お店はお休みと成ってしまいました。

もっと残念なのは、もう少し足繁く通って、仲良くなってから仕事の写真を撮らせて頂きたかった。 
いくら無粋な僕でも最初から、カメラを持って行く勇気はございません。

 

 

アポ- マクロ-エルマリート-TL F2.8/60mm ASPH

APO-MACRO-ELMARIT-TL F2.8/60mm ASPH / アポ- マクロ-エルマリート-TL F2.8/60mm ASPH (以下AME TL60)
APS-CサイズのライカTLシステム用に設計された単焦点マクロレンズだ。35mmフルサイズ換算だと90mmの焦点域に成る。

f:id:foxwood:20180707143640j:plain

このレンズのご先祖様はライカRマウントApo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8 (以下AME100) フィルム時代に遡って ライカ商品コード11210: 1988年の発売です。それ以後レンズ構成が変わる事無く作られていました。760gとズシリと重い頑強な銅鏡には6郡8枚の構成でレンズが組み込まれていました。 「アポ・マクロ・エルマリート」頭文字をとってAMEと呼ばれてます。

イカR使いの間では伝説のレンズ、このレンズの描写については、当時の関係写真雑誌やレンズテストにおいて絶賛され、このレンズが使いたくてライカRに嵌ったと言う人達も多い。
マクロレンズであるにもかかわらず、 無限においても撮影時に肉眼で確認出来ない微細なディテールまで写しこむ事の出来る稀有なレンズでした。

さてAMEを継承したAME TL60のレンズ構成は9群10枚で、そのうち4面が非球面。最短撮影距離は16cmで、レンズ単体で等倍撮影が可能。レンズの重さは320g
オリジナルのAME100が6郡8枚のレンズ構成で最短撮影距離45cm 重量750gであったのに比べると大幅に軽量化されて、最短撮影距離も短くなっているのは、APS-C ミラーレスに対応した恩恵であろうと思われます。が…何故かフィルターサイズはE60で同じです。こうゆう所に開発陣のAMEへのオマージュを感じてしまいます。
E60と言うフィルターサイズは特殊なサイズで、なかなか見当たりません。防湿庫からAME100を取り出して、AME TL 60にフィルターを付け替えた時は時の流れを感じて感慨深いものがありました。 いえいえAME100も使うんですよ..つ…使います…ホントに

f:id:foxwood:20180625043257j:plain

レンズフードはAME100が組込式で引き出して使うタイプで若干長きさが不足していたのに対して、十分な大きさと深さを持ったBayonet mountの外付けタイプに成っている(ちなみにSUMMILUX-TL F1.4/35mm ASPHと共通です。)格納する時は逆さまにしてレンズに装着できるので便利です。最近のSLレンズも含めてライカはレンズフードなどの部品を共通化してきています。ドイツ車も最近大幅にプラットフォーム化が進んでいるので、これはエンジニアリングデザインの大きな流れなのかもしれない。まあプラットフォームといえば聞こえが良いが言ってみれば部品の共通化によるコストダウンなんですからあまりやりすぎると製品の面白みがなくなるのよね。
一連のSL/TLレンズの外装デザインは共通していて、高級感があるのだが、あまりにもそっけない。Sレンズの様に焦点域の小窓があるとか、ギミックが盛り込んであると楽しいのだが、これは無い物ねだりでしょうか? 

f:id:foxwood:20180707143715j:plain

実際に使ってみたレポートです。AFですが LEICA TL2に装着しての使用感はまずまずです。マクロ域も含めて遅くはありませんが、飛び抜けて早くもありません。普通に使えます。ただしコントラストAFなので、コントラストの薄い被写体だとAFが迷い出し収まるのに時間がかかります。そういう時はイライラしながら何回もやり直すのを止めて、潔くMFに切り替えて撮ってしまうのが一番やりやすいし、きっちりと狙った所にピンを置けます。
TL2のマニュアルフォーカスはとてもやりやすいです。ただしTLのレンズに限ります。…マウント変換アダプターを使ってのMレンズ,RレンズのMF使用は個人的にあまりおすすめしません。MF操作に入るまでのステップがめんどくさいですよ。

AME100が6郡8枚の構成で取り付けマウント面からの全長は104mm。数字上でのスペックは小型に見えますが、実はレンズフードを伸ばすと全高123mm 前群繰り出し式でのフォーカスなので、最短撮影距離までに回転フォーカスリングを回して繰り出すと、レンズフードを伸ばした状態だと、実に175mmまでニョキッと全長が伸びます。前玉は回転しませんが、全長がこんなに変化するとワーキングディスタンスが変わってしまうので、三脚を使っての近接撮影では難儀しました。AME TL 60はピントを合わせるときにレンズの先端が伸びないインナーフォーカス式なので動作した時に全高も変わらないし、前玉も回らない。レンズフード無しの取り付けマウント面からの全長は87mm レンズフードを取り付けての全長が134mmとコンパクトな設計です。時代は変わりましたねぇ
AME TL60の断面図を見ると前玉から数えて4/5/6枚目のレンズ群がフォーカスレンズだと思われます。
ここまで、このレポートを書く為に、レンズフードを取り外したり着けたりして測定していたら、AME TL60のレンズフードのBayonet mount部分が壊れてしまいした。
メタルフードの内側にABS成形部品のバヨネットが接着されているのですが、外れてしまったんですね….(^^;;;;;
うう〜ん 恐るべしライカ品質…黒ボンド着けて嵌合させれば、治ると思いますが、どうしようかな自分で修理するか…迷うところです。(笑)

f:id:foxwood:20180625043323j:plain

変な話ですが、このレンズを装着して使ってみて初めてTL2の良さが解って来た。
TL2はElmarit-TL 18mm f/2.8 ASPHとの組み合わせで購入して使い始めたのだが、何となくしっくり来なくて、使い始めは手ブレにも悩まされたり、使いこなしに散々苦労しました。
18mmは確かに画角も広いし、薄型でコンパクトなのでライカAPS-Cの導入モデルとしては、一番の組み合わせかなぁ と思ったのですが、意外にもアポ- マクロ-エルマリート-TL F2.8/60mm ASPHとの組み合わせの方が手に馴染むのです。
購入前に想像していたのと大違い。手ブレなども格段に少ないし、TL2のボディに対してはちょっと大きめに感じるAME-TL60ですが、レンズを左手の掌で下から包み込む様にして構える事で凄く安定します。これは実際に使ってみないと分からないものですね。
上手く造ってるなぁ!と思います。何故ならレンズによってf値とシャッター速度のアルゴリズムを変えているんですよ。AME TL60の場合は焦点距離が長いから、開放値f2.8で暗い所で撮影すると、最低シャッター速度を1/160s 辺りで制御しているんですよ レンズ焦点距離の1倍の値のシャッター速度と言う昔からのセオリーを踏襲して居るので上手く撮れるんだよね
APS-Cだと1.5倍のシャッター速度に成るわけです。

f:id:foxwood:20180707143811j:plain

AME TL60をTL2に装着して実際に使ってみると実に繊細かつ精密な描写が素晴らしくて解像度は申し分ありません。AME100と同じ様に描写が決して硬くならない。
驚くほど細部まで精密な描写が得られる解像性能を保ちながら、立体的な質感描写も再現している。
近年のライカ高性能レンズに見られる、アポとアスフェリカルの組み合わせが活きているデジタル世代の高性能レンズだと思う。
Mレンズで有名なAPO-Summicron 50mm F2.0 ASPHに共通するような目の覚めるようなシャープネス、微塵の滲みもないコントラスト、綺麗なボケが得られます。
値段から言えば本当にお買い得なレンズだと思います。 

f:id:foxwood:20180625043357j:plain

雨の中で傘を指しながら、庭の花を撮ってみた。撮影データ: ISO320 f/3.5 1/160s 撮影ディスタンス20cm
露出補正を一段アンダーに振って、雨粒の透明感を出してみた。
大きさ5cmにも満たない小さな日々草の花弁の上を転がる真丸の雨の雫をうまく捉えることができた。ピントの合っている雫とフォーカスしていく後ろボケもとても綺麗だ。
手持ちで、これだけ撮れれば十分でしょう。

基本的にダラダラと家飲みが好きです。

僕は基本的に家飲みが好きです。
週末は和洋中と美味しそうな惣菜を買ってきて、気ままに頂くのが快楽です。

最近はデパ地下のお惣菜も、飽きてきてお肉屋さんの惣菜とか、魚屋さんのオツマミとか、ちょっと違った方向に触手を伸ばしております。
お肉屋さんは、新百合ヶ丘のお肉屋さん「ハウスメッツガー・ハタ」のハムやソーセージが抜群に美味い。ローストオニオンケーゼとコンビーフが絶品なんですが、特にこのコンビーフをほぐして、熱い御飯の上に乗っけてちょっとお醤油垂らして食べると、コンビーフの脂がご飯に溶けて最高に美味いのです!
話がそれましたが、このお肉屋さんで一緒に売っているマカロニサラダやポテトサラダ、コロッケ、ハムカツ、メンチカツの類は懐かしい味がしてとても美味しいのです。多分良いラード使ってるな。

f:id:foxwood:20180616213723j:plain

レトルトや冷凍食品も好きです。スーパーのレトルト売り場の前で足が止まってしまいます。写真の右下に写っているのは箱根・宮ノ下の富士屋ホテルのレトルト「伝統のビーフシチュー」

富士屋ホテルは耐震補強・改修工事を行っていて、2018年4月着工/2020年夏リニューアルオープンする予定すけれど、レトルトだったらいつでも食べられる…(笑)
富士屋ホテルのレトルト伝統シリーズはカレー・ビーフシチュー・スープといろいろ出ているのだが、一番のお薦めは「伝統のコンソメスープ」じゃないかなと思ってる。

亡くなった父親は自宅でも母に作らせていたりしたほどの無類のコンソメスープ好きで、ホテルで食事をする時に父親は必ずコンソメスープを注文していました。富士屋ホテルでも黄金色のコンソメスープを一心不乱に飲み終えて、顔を上げ僕を見て一言「美味いな」と...

冷凍食品では日清製粉「青の洞窟 ボロネーゼ」やオーマイプレミアム「海の幸のペスカトーレ」が美味しい。あとはこの系列でリゾットもなかなかに、イケる。
リゾット作るの面倒だけど、これは温めるだけだから

f:id:foxwood:20180624064408j:plain

家飲みには沢山の量は要らないのです。歳をとってくるとそんなに食べられませんから母と嫁そして私の三人でレトルト1人前を三等分して、ちょうど良いのですから経済的にできてます。人間って歳をとって経済活動しなくなると、食べる量も少なくなるんですね…(笑)
それでも賑やかしと言うか、色んなものを少しずつプレートに盛って頂きたいと言う見た目の欲望はおさえきれず、例えばナムルとネマガリダケと蕗の炊合せ マカロニサラダ 大根と三つ葉キクラゲの中華サラダという不思議な組み合わせだったり、お酒もシャンパンだったりワインだったり勝手気ままの無手勝流で楽しんでるわけです。

電車を乗り過ごす心配も無いし、タクシーを呼ぶ面倒もないので、最初から解き放たれたお気楽モードで飲み始めますから酔っ払ちゃうのも早いのでしょうか?
シャンパン一本開けた辺りでもうヘロヘロに成っちゃって、そのままズルズルと寝ちゃうことが多い。

f:id:foxwood:20180616213944j:plain

もうね 完全に家飲みに飼い慣らされている訳ですが、本当の所は外で飲む 良いお店がなくなって来ちゃった事かなぁ

 

 

新緑の箱根/強羅花扇

毎年恒例に成っている。家人との箱根温泉旅行に出かけてきた。

朝の東名大和トンネルの渋滞を避けるために遅い朝ごはんを済ませてから家をでる。東名青葉から入って、厚木で小田原厚木道路に入るのですが
小田原厚木道路はスピード違反の取締が非常に厳しくて、いつも2〜3台検挙されているのを見かけます。折角の休日を台無しにしたくないので
のんびり走ってゆくと小田原でちょうどお昼になる。
軽くお蕎麦でも手繰ってから
ターンパイクを抜けて、箱根峠 芦ノ湖の周りを回りながら東海道を強羅に向けて走る。渋滞もなくて快適そのものです。
これがナビの通りに走ると小田原から国道一号線を走ることになるので、小田原西インターチェンジを出るとすぐに渋滞にハマることになります。
箱根ターンパイクは道路のネーミングライツ(命名権)が変わって、「アネスト岩田 ターンパイク箱根」という長ったらしい名称になりました。(笑)
僕は「TOYO TIRES ターンパイク」が馴染みがあったなぁアネスト岩田さんはコンプレッサーや塗装機を制作している地元の企業だそうです。頑張ってますね。

今回は箱根美術館をゆっくり堪能してから、強羅の花扇という温泉旅館に泊まるという予定を立てました。
え〜っと箱根美術館岡田茂吉という方が創設されたようですが、僕は宗教とは何の関係もありませんので、悪しからず。
f:id:foxwood:20180602082524j:plain強羅の箱根美術館は新緑のモミジと「苔庭」がとても綺麗でした。苔庭に面した茶室「真和亭」で新緑を愛でながらお抹茶と季節の和菓子を頂きました。
期間限定「あじさいまんじゅう」は生地に紫芋を使って紫陽花の色を出しているそうです。中はつぶあんでした。北海道十勝産、特別栽培の小豆を使った粒あんだそうです。見かけよりも結構たっぷりとはいっていて、粒あん好きの僕は大満足でした。f:id:foxwood:20180602082549j:plain今回の機材はライカSLとSummilux-SL 50mm f1.4 ASPH
Vario-Elmarit-SL 24-90mmASPH f2.8-4.0 の2本を持って出かけました。
ズミルックス50mmは今まで、使い切れていないと言うか、あまりしっくりきていなかったのですが、今回は使いました!ファインダーの見えが素晴らしくて気持ちも高揚したのか、庭園内のモミジはほとんどこのレンズで撮ってしまいました。もちろん帰ってきてからのRaw現像でもピントの合っている部分の解像度やなだらかに始まるボケの表現力は期待を裏切らない出来栄えでした。
やはりこのレンズは素晴らしいです。買ってよかった。f:id:foxwood:20180602082615j:plain
強羅花扇は母が大浴場が苦手なので檜の大きな露天風呂が付いている特別室を取りました。和洋折衷と言うか 部屋は天井に立派な梁が見える和室なのですが、寝室はベッドです。
今風のオシャレな高級リゾート温泉という感じかな。
食いしん坊のワタクシ的には飛騨牛ステーキが食べられると言うのが、決め手でした。f:id:foxwood:20180602082636j:plain
泊まってわかったことですが、宿泊客の外国人比率が異様に高いのです。部屋数がそんなに多くないのですが、多分30%くらいになるのではないでしょうか?
外人と言ってもアジア系ではなくて、欧米系のファミリーです。浴衣きて「KONICHIWA」と挨拶されると、不思議な感じ(笑)
浴衣の着こなしが、不慣れな感じで帯の結び方も分からないのでしょう。イタリア系のオッチャンが帯を腰高に結んでるのを見るとなんだか大きな子供みたい。歩き方も着物だと変わっちゃうので、可愛いですよね。
外国人にとっては、和室・畳・温泉・着物(浴衣) ・露天風呂・炬燵とか COOL JAPANなのですね
居間に季節外れの炬燵がセットしてあったのは、そういう事なのかと妙に納得した訳です。まあ嫌いじゃないから良いけどねf:id:foxwood:20180602082702j:plainちょうど家内の誕生日が近かったのでウェルカムドリンクにシャンパンとフルーツを用意して頂きました。
これで箱根の山道を飛ばしてきた緊張も解けて、ぐっとリラックスできました。ありがとう!f:id:foxwood:20180602082720j:plainさて、肝心の食事は品数も多くて、工夫が熟されていて、お味もまぁまぁに美味しかった。
本当は部屋で食べたかったのですが、ここも今風に、ダイニングスペースに設えた、個室での食事でした。
飛騨牛ヒレの部分をステーキで頂きました。油のしつこさもなく良いお味でした。f:id:foxwood:20180602082741j:plain
ワインもいろいろ揃っているのですが、残念なのは白ワインのグラスが、なんだかなぁ~というくらい頑丈な物が出てきて、この雰囲気に合わなかったことです。
赤ワインのグラスはそうでもなかったのですが….
ワインはグラスで味も香りも変わるので、せめてリーデルの業務用ぐらいは揃えてほしかった。
島地勝彦さんが「乗り移り人生相談」でリーデルの特注のワイングラスを用意しておいてステムを握って乾杯するとグワ〜ンとお寺の鐘のように音が長く響く。そこで「この音が鳴っているうちに願い事をすると叶えられるよ」と女性にささやくわけだ….と書いておられるが
アタシは家族旅行なので、そんな必要はございませんが、滅多にそういうことを言わない家内が「このグラスは無いわね」と申しておりました。
食事って器とかの選択眼が無いと折角の料理が死んでしまうので難しいですよね。f:id:foxwood:20180602083300j:plain

 えーと Leica TL2 パンケーキにレンズフード着けてみました。パンケーキの意味ないじゃない。と言うツッコミは無しにしてくださいませ。

レンズフード好きなんですよ。

 

Leica SL Typ 601
Leica Summilux-SL 50mm f1.4 ASPH
Leica Vario-Elmarit-SL 24-90mmASPH f2.8-4.0 で撮った作例→ こちら から入れます。

HTMLとFLASHバージョンの二種類UPしてますが、HTMLバージョンは撮影データを見ることが出来ます。

 

スパゲッティ・アッラ・カルボナーラ

最近馴染みにしていた、お鮨屋の大将が体調を崩して休業したり、季節の食材を美味しく料理してくれる居酒屋のご主人も同じように体調を崩して休業してしまい。週末の楽しみに出かける所が一気に2件もなくなって、寂しい思いをしていました。
これはイカンと一念発起して、地域グルメ本なんぞを買い込んで美味しそうなお鮨屋さんに出掛けてみたのですが、これが酷かった!カウンターに座った瞬間に帰りたく成りました。地域グルメ本はあてにならんのだね
リベンジと言うことで、その近くにあった小さなイタリアンレストランに出掛けてみた。

f:id:foxwood:20180524212208j:plain

人生も長く歳を重ねて来ると、食い物の記憶も朧気に成ってくるが、その中でも鮮烈に残っているのが、ハンブルグうらびれたイタメシ屋で昼飯に食ったカルボナーラ こいつは美味かった。

正確にはスパゲッティ・アッラ・カルボナーラ(Spaghetti alla carbonara)となるわけだが、そんなことはどうでも良くて
溶き卵、チーズ パンチェッタ 黒胡椒 が美味い按配で 熱々のパスタに絡めてあった。生クリームなんぞはもちろん入っていなかった。

f:id:foxwood:20180524212243j:plain

何時か機会があれば、また喰いたいと思いながら、いたずらに歳月は流れて….
この小さなイタリアンレストランで、出会えました。 
ほぼ90点の一致指数で、残りの10点は何かというと、僕の記憶の中で、増幅されながら美化された味の記憶であるから、差し引けばとても良い線をいっていると思う。

f:id:foxwood:20180524212308j:plain

お店の雰囲気もとても良くて、嬉しくなった。 

さあ 後は美味しいお鮨屋さんを探さなくては....

f:id:foxwood:20180524212330j:plain

Leica TL2 + Elmarit-TL 18 f/2.8 ASPHで撮った作例→ こちら から入れます。