スパゲッティ・アッラ・カルボナーラ

最近馴染みにしていた、お鮨屋の大将が体調を崩して休業したり、季節の食材を美味しく料理してくれる居酒屋のご主人も同じように体調を崩して休業してしまい。週末の楽しみに出かける所が一気に2件もなくなって、寂しい思いをしていました。
これはイカンと一念発起して、地域グルメ本なんぞを買い込んで美味しそうなお鮨屋さんに出掛けてみたのですが、これが酷かった!カウンターに座った瞬間に帰りたく成りました。地域グルメ本はあてにならんのだね
リベンジと言うことで、その近くにあった小さなイタリアンレストランに出掛けてみた。

f:id:foxwood:20180524212208j:plain

人生も長く歳を重ねて来ると、食い物の記憶も朧気に成ってくるが、その中でも鮮烈に残っているのが、ハンブルグうらびれたイタメシ屋で昼飯に食ったカルボナーラ こいつは美味かった。

正確にはスパゲッティ・アッラ・カルボナーラ(Spaghetti alla carbonara)となるわけだが、そんなことはどうでも良くて
溶き卵、チーズ パンチェッタ 黒胡椒 が美味い按配で 熱々のパスタに絡めてあった。生クリームなんぞはもちろん入っていなかった。

f:id:foxwood:20180524212243j:plain

何時か機会があれば、また喰いたいと思いながら、いたずらに歳月は流れて….
この小さなイタリアンレストランで、出会えました。 
ほぼ90点の一致指数で、残りの10点は何かというと、僕の記憶の中で、増幅されながら美化された味の記憶であるから、差し引けばとても良い線をいっていると思う。

f:id:foxwood:20180524212308j:plain

お店の雰囲気もとても良くて、嬉しくなった。 

さあ 後は美味しいお鮨屋さんを探さなくては....

f:id:foxwood:20180524212330j:plain

Leica TL2 + Elmarit-TL 18 f/2.8 ASPHで撮った作例→ こちら から入れます。