基本的にダラダラと家飲みが好きです。

僕は基本的に家飲みが好きです。
週末は和洋中と美味しそうな惣菜を買ってきて、気ままに頂くのが快楽です。

最近はデパ地下のお惣菜も、飽きてきてお肉屋さんの惣菜とか、魚屋さんのオツマミとか、ちょっと違った方向に触手を伸ばしております。
お肉屋さんは、新百合ヶ丘のお肉屋さん「ハウスメッツガー・ハタ」のハムやソーセージが抜群に美味い。ローストオニオンケーゼとコンビーフが絶品なんですが、特にこのコンビーフをほぐして、熱い御飯の上に乗っけてちょっとお醤油垂らして食べると、コンビーフの脂がご飯に溶けて最高に美味いのです!
話がそれましたが、このお肉屋さんで一緒に売っているマカロニサラダやポテトサラダ、コロッケ、ハムカツ、メンチカツの類は懐かしい味がしてとても美味しいのです。多分良いラード使ってるな。

f:id:foxwood:20180616213723j:plain

レトルトや冷凍食品も好きです。スーパーのレトルト売り場の前で足が止まってしまいます。写真の右下に写っているのは箱根・宮ノ下の富士屋ホテルのレトルト「伝統のビーフシチュー」

富士屋ホテルは耐震補強・改修工事を行っていて、2018年4月着工/2020年夏リニューアルオープンする予定すけれど、レトルトだったらいつでも食べられる…(笑)
富士屋ホテルのレトルト伝統シリーズはカレー・ビーフシチュー・スープといろいろ出ているのだが、一番のお薦めは「伝統のコンソメスープ」じゃないかなと思ってる。

亡くなった父親は自宅でも母に作らせていたりしたほどの無類のコンソメスープ好きで、ホテルで食事をする時に父親は必ずコンソメスープを注文していました。富士屋ホテルでも黄金色のコンソメスープを一心不乱に飲み終えて、顔を上げ僕を見て一言「美味いな」と...

冷凍食品では日清製粉「青の洞窟 ボロネーゼ」やオーマイプレミアム「海の幸のペスカトーレ」が美味しい。あとはこの系列でリゾットもなかなかに、イケる。
リゾット作るの面倒だけど、これは温めるだけだから

f:id:foxwood:20180624064408j:plain

家飲みには沢山の量は要らないのです。歳をとってくるとそんなに食べられませんから母と嫁そして私の三人でレトルト1人前を三等分して、ちょうど良いのですから経済的にできてます。人間って歳をとって経済活動しなくなると、食べる量も少なくなるんですね…(笑)
それでも賑やかしと言うか、色んなものを少しずつプレートに盛って頂きたいと言う見た目の欲望はおさえきれず、例えばナムルとネマガリダケと蕗の炊合せ マカロニサラダ 大根と三つ葉キクラゲの中華サラダという不思議な組み合わせだったり、お酒もシャンパンだったりワインだったり勝手気ままの無手勝流で楽しんでるわけです。

電車を乗り過ごす心配も無いし、タクシーを呼ぶ面倒もないので、最初から解き放たれたお気楽モードで飲み始めますから酔っ払ちゃうのも早いのでしょうか?
シャンパン一本開けた辺りでもうヘロヘロに成っちゃって、そのままズルズルと寝ちゃうことが多い。

f:id:foxwood:20180616213944j:plain

もうね 完全に家飲みに飼い慣らされている訳ですが、本当の所は外で飲む 良いお店がなくなって来ちゃった事かなぁ